知っていれば損をしない!外壁塗装のあれこれ

リフォームをする場合に知っておきたいこと

新築住宅を購入して10年以上経過した場合や中古住宅を購入した場合などリフォームをする必要がありますね。リフォームをする場合、室内ばかりに目を向けてしまいますが、意外に大事なのが外壁塗装だったりします。外壁塗装は、汚くなった外壁の色の塗り替えという認識でもいいと思いますが、実際には雨風や紫外線から住宅を守るという役割をしているのです。それゆえに外壁塗装というのはある程度費用がかかってしまうものなのですよ。

外壁塗装の価格を考えてリフォームしよう

住宅の大半、あるいは全面をリフォームをする場合は、全部リフォームしたらいくらになるかという考え方の人もいると思いますが、多くの人は、たとえば予算が500万円までリフォームに出せるから、その中でどれくらいの規模で、しかもどれくらいの品質のリフォームをできるか考えるはずです。500万円用意できるとすれば、外壁塗装をするには十分な金額で、おおよそ60万円から100万円と考えておけば、まずそれ以上にリフォームにお金を払うことはないでしょう。

どの品質の塗料を選んだらいいの?

外壁塗装にはおおよそ60万円から100万円の間で塗装をする過程がほどんどなんですね。中には豪邸に住んでいて、塗る面積が大きい家もありますので、その場合はそれ以上のお金がかかることもないとは言えませんね。ですが、延べ床面積90~100平方メートル程度の普通の大きさの住宅であれば100万円で収まることが多いのです。ところで、価格に幅があるのは塗装の品質、つまり耐久年数の違いがあるからです。安い塗料は7年程度の寿命で高いものは20年長持ちしますが、初心者の場合はまずは安い塗料から始めてみるのがよいでしょうね。

外壁塗装を千葉では予算に応じた塗料を使うことで理想の仕上がりを目指せるので施工をしたい場合には良いといえます。